原発いらないミニぞうり

福島の方浜田正博のFBでの対話から

記事をチェックして下さりありがとうございます。 ニュース報道の福島原発でのガレキ落下や未収束で不安定な状況、核燃料の状態未確認等、こちら福島県いわき市はこれらの問題対策の人的・物的最前線基地です。相双地区約25000名の方々が不便な仮設暮らしを強いられ、年末には30000万名の方々がいわき市で生活すると言われています。福島原発から23kmで隣接する、いわき市は360000名の方々が暮らす自治体であるにも拘らず一触即発の以上の中での日常にあります。宜しければ・・・で結構ですのでFBで繋がって頂き、お力添えを賜ることができれば幸いです。 福島県いわき市 ◯◯◯◯

小学生で疎開生活を体験した77歳ぞうり職人です。何かできることはないかと思いをつのらせています。よろしくお願いいたします。

浜田様 ご丁寧なご挨拶をありがとうございます。 浜田様の温かいお心が支えです。
命はお金ではありません。 皆様の温かいお心が繋がりあって形作られるものと思っております。
何卒何卒、伏してお願い申し上げます。
 

こんなブログを立ち上げていますが何もできていません。
http://blog.goo.ne.jp/hamayanzouri_2011

浜田さんのお人柄が感じられます。 とても優しいです。 被災を受けられた方、小さいお子さんのランドセルやカバンにつける根付のようなものがあれば、とても喜ばれると思います。
今回の震災・事故では沢山の方が心の傷を負いました。それが癒えておりません。
浜田さんのご使命は、これからだと思います。何卒、被災者・被曝者の心のケアのためにお力添えを賜りますようお願い申し上げます。
どんな小さなことでも、それで喜んで笑ってくれる人は必ずいらっしゃいます。 なにとぞ、 <m(__)m>

原発いらないミニぞうり 三作目です。
http://blog.goo.ne.jp/hamayanzouri_2011

非常に面白いですね。 個人的にはツギハギ布が好きですが、ミニストラップもできますね。 浜田さんが中心になってお母さん達を中心に呼びかければケア支援になりますね。 (^0_0^)

今のところ若い人からの反応がいいようで、原発なくせの参加者の広がりやカンパ集めに使えるのではないかと思っています。何れにしても作り続け「原発なくすミニぞうり」を発信して行こうと思っています。その上で作り手も増えればと欲は深いです(笑)

浜田様 今の若い人は心根の優しい方とそうでない方に分かれやすい傾向がありますね。活躍をファッションと勘違いしている傾向も少なからずで。 仮設暮らしの年配の方々に指導なされたら喜ばれると思います。

ミニぞうりがいいなと思いついたきっかけは大槌町の仮設集会所で布ぞうりを作りに来た方から「リサイクルと言われても、流されてここには不要な布地は無い」のひと言でした。何がしかの収入にならないか、何かしていないと落ち着かないとおっしゃる方にも会いました。原発から避難されている方の思いにも直接触れたいと思っていますのでよろしくお願いします。

   
 
   「原発いらない」
この一言が
千羽鶴のように
広がっていくことを
願って
これからも
作り続けます。
作る人も広がれば
いいな!
 
   2012/10/12
原発なくす西宮の会で
若者たちの活動を願って
販売が始まりました。
   千羽鶴のように
広がっていくことを願って
作り続けます。

作る人も広がればいいな!
   2012/10/12
編み紐は木綿地が良さそう
   縦紐は麻紐で決まり
編み紐の裂き布により
どんなぞうりが出来るか楽しみです。
   2012/10/10
四作目の縦紐は環境にやさしい麻紐を使いました。
   2012/10/9
三作目は縦紐にPPロープを使ってみました。
  2012/10/7 
材料は全て裂き布ですが
より合わせてロープ状にしています。
   2012/10/6
同じ1935年生まれのぞうり作り名人宅で作り方を教わりました
    2012/10/4
裂き布だけで作ってみました
初めてのミニぞうりは不揃い
   2012/10/4
画像はご近所のぞうり作り名人からいただいたもので毛糸でできています。

ミニぞうりは今まで作ったことがありませんが、今日から作り始めます。

   ミニぞうりの作り方