ぞうりの広場

1998第52回二紀展 Jの家族 小林 晟

思い出 感想 ご意見 なんでもメールでお送りください

ブログにコメントをお寄せください



広場の管理人からごあいさつ
 2000年8月3日パソコン歴10ヶ月でこのページを立ち上げました。
今後、なにかと不手際があると思いますがよろしくお願いします。

都会の真ん中でぞうり作りとパソコン、この取り合わせを楽しんでいます。
そして世間(地球)が広いのやら、狭いのやら…これも楽しみです。

 2004年7月28日から「全国手作りぞうりの会」とします。
 2008年5月10日から草履職人と名乗っています。



 (01/8/7) さっそく ぞうりの作り方をホームページに載せていただきありがとうございました
参考にさせていただきまして 近く盆休みに帰ってくる 三歳の孫にも ぞうりを作ってやろうと張り切っています この孫はなぜか着物が好きで保育園から帰ってくるといつも ゆかたに着替えて 下駄かぞうりを履いているようですから きっと喜ぶこととおもいます
ありがとうございました

 (01/7/28) わらぞうりの作り方を調べていたところ 貴ホームページを拝見した次第です
 私の妻60歳 が室内履き用に わらぞうりを探していますので出来れば手作りしようと調べていたのです 
 ぞうりを ぜひ送って下さい
 また わらぞうりの作り方の解説書などがありましたらコピーを同封していただけませんでしょうか  野菜作り用として農家の方にいただいた わらは少し持っております
 関西方面で わらぞうりの作り方の講習会などご存じであれば教えてください

 (01/7/8) 私にとってのわらじは、おかみさん参りで滝に打たれるときの必須アイテムの1つでした。
年とった姑の変わりに、毎月滝に打たれていたのですが、足場がすべるので必ずわらじを履いていました。
なんとなく懐かしくて貴サイトを拝見したのですが、もっと驚いたのはパソコン暦1 ヶ月でサイトを立ち上げたという事です。
私は後1ヶ月程で50歳になります。
一人で残りの人生を自立して生きるために、なけなしのお金をはたいて珈琲の生豆焙煎店をオープンしました。
待っていてもお客さんが飛び込んでくる立地条件にないので何とかHPを作りたいと・・そしてメルマガの発行をしたいと思っているのですが、なかなか先に進まず悶々とした毎日を過ごしています。
私でもHPが作れるのか、アドバイスをしていただけませんか?
滞納整理を読んでいて、世の中に偏屈な人は沢山いますけどそんな人ほど心を大切にするのでは・・・と思いました。私にも似たような経験があります。
埼玉県越谷市

 (01/7/1) 濱田さんの疎開先で覚えた「わらじ」作りの戦争体験を、現代に伝えながらのきれいな民芸品的な出来栄えの「わらじ」を紹介されたHP画面に、すばらしいなと思いました。私はPC歴3ケ月のため、教えていただきたいことだらけです。 また、具体的なことで教えをいただくかもしれません。その際は何卒宜しくお願いいたします。

 (01/6/23) ワラぞうり、懐かしいですね。国民学校5年生の時、田舎へ疎開して、通学にもはいていました。自分で作ったことはありませんが、親が近所の農家で作ってもらっていたのだと思います。
戦争体験もしだいに風化し、また右傾化の兆しも見られるこのごろ、1足のわらじに戦時中を偲ぶのも意義あることと思います。
貴HPのご発展を祈っています。

 戦争を語り継ごう ―リンク集―
 

 (01/6/14) 濱田さん、こんにちは。近松です。
先日はぞうりをありがとうございました。
あれから、いただいた未完成品を恐る恐るほどいて、
作ってみました。
ビニール紐でやって、なんとかわかったので、
大胆にもはぎれで1足作ってみました。
最後にキュキュッと引っ張るのが、爽快ですね。
濱田さんに頂いたものとは雲泥の差だし、
子供たちからは、
「なに、これ?小さすぎるんじゃない?」
「おもちゃ?」
と、さんざんな評価ですが、
私にとっては初めて作ったぞうりです。
ちょっと小さすぎて履けないので、
飾っておこうと思います。
これから何足も作ってみて、
腕をあげたら、濱田さんにも見ていただきたいと思います。
さあ、明日から練習に励みます。
できたのがうれしくて、つい長いメールになってしまいました。
では、このへんで。
ありがとうございました。

 (01/6/8) こんにちは。はじめまして。
「わらぞうりの作り方」を検索していて、
あなたのホームページを見つけました。
ぜひ、1足譲ってください。
はぎれでの作り方の解説書ももしあれば、
頂けたらうれしいです。
よろしくお願いいたします。
(静岡県掛川市より)

世に言う冒険家について
 (01/5/31) 濱田様   「掲示板」への投稿です。よろしくお願いします。
 みなさんこんばんは、パソコンをはじめて二ヶ月になります。 女房と二人三脚で、ときどき濱田さんに指導して貰いながらやっています。 [掲示板]はほとんど毎日のように、「なにかあたらしいメッセージ入ってないかなあ」と思いながら覗いています。
 ところで、5月24日の毎日新聞朝刊に、冒険家、河野兵市という人が北極圏で遺体で発見された。 という記事が載っていました。 彼の計画は「北極点から氷原を徒歩やスキーで歩き、ベーリング海をカヤックで渡り、サハリン、北海道をへて故郷の愛媛まで歩いて帰る」ということだったようです。 
 消息を絶ってからカナダ空軍が捜索していましたが、みつからなかったので打ち切ったところ、河野さんの支援団体が納得せず、自分達で出かけて行って発見したそです。
 前々から思っていたのですが、世に冒険家と呼ばれれる人達がいます。 この人達の行為、 ヨットで無寄港世界一周とか、リヤカーを引いてサハラ砂漠横断、とか、 これには一体どんな意味とか意義とかあるのでしょうか。
 冒険とは読んで字のごとく、危険を冒すことで、死と隣り合わせの行為です。 いまの世の中でこんなことで命を落とすなど、犬死に(愛犬家や盲導犬、聴導犬、介助犬、など犬を重要なパートナーにしている人達から、犬に失礼だと怒られそうですが)だと思います。 冒険に出かけるのは勝手ですが遭難した場合、はた迷惑この上なしです。
 また、新聞が1面と社会面とでほとんど半分の紙面を割いていますが、それほど報道価値があるのでしょうか?  私にはわかりません。
                                  

 (01/5/30) ホームページ見ました。 わらじを頂けるとのこと、できれば2〜3足欲しいのですがよろしいでしょうか。わらじが好きでいつも気にかけて探してはいるもののなかなか見つかりません。そんな時に偶然ホームページでわらじを頂けるというサイトを見つけました。本当に送って頂けるなら大切に履きたいと思っています。どうぞよろしく。

 (01/5/8) 家の近くに「花島観音」ってあるんですが、なんでも足の健康にご利益のある観音様でそこの名物が「ぞうり」なんですよ。
4月18日は多くの人がお参りにきていました。私もご近所で話しをきいて母が足が悪いので、お参りにいったのですが、ぞうりが売られていてびっくりしました。
 (千葉市より)

《送っていただきました》

北海道から
 (00/12/6)
アイヌの文様の刺繍を送りました。
きにいってくれると嬉しいです。
 (わらじ大切に飾っています。)

沖縄県から
 (00/9/23) 手作りのゲットウぞうりです。もちろん、日常用ではなく、文化としてのぞうり作りを継承として作らせているもので、大きさもそろっていませんが、雰囲気(ゲットウの)だけでも味わってください。
 6年生の児童が作ったもので、足にあたる鼻緒の部分は痛くならないように布が巻かれています。
 八重山ものということで気もちを2本同封します。この2種類が最もポピュラーです。お口に合えば幸せです。
 沖縄県八重山郡竹富町立
 

 (00/10/1) 竹富島で見つけた、石垣島で作られているぞうり、材料はあだん葉です。

石川県から
わらで ていねいに作られていて 管理人の足にぴったりです。
 (00/9/19) こんにちは、石川県立加賀聖城高校です。我が校夜間部の教諭が作ったものです。ひもの部分が長いのは“普通に結ぶと足が痛くなるから”との理由で教諭が独自の判断で長さを変えたためで、古くから地元に伝わるわらじは もう少し短くなっております。わらじで歩く会があります。

福岡県から
福岡で中学校校長を引退後、7年前から取り組んでおられる本格派のぞうりです。
大分県国東半島の七島藺(しちとうい)というカヤツリ草科の植物で編まれています。

国東半島で

お届けしました

 (01/7/30) 早速 ぞうりを送っていただきましてありがとうございました
妻も大変喜んでおります 足にぴったりでとても感触よいそうです
同封していただいた半製品で 作り方の細かいところがよくわかります
重ねてお礼申し上げます
ホームページに作り方を掲載のご予定とか 是非よろしくお願いします
そのご参考までに 昨日見つけました わらぞうりの作り方 のページ 
http://www.kinki.fo.maff.go.jp/wanpa/waraji.htm
をお知らせ申し上げます いまいち細かいところが解りにくい出来です
ありがとうございました


 (01/6/11) こんにちは。今、ぞうりが届きました。
ありがとうございました。
早速履いてみましたら、とても気持ちが良いです。
スリッパみたいにペタペタと音がうるさくなく、
静かに歩けます。
布なので足にも柔らかくやさしいですね。
一度履いたらもう手放せなくなりそうです。

見本を一足頂いたら、解説書を見ながら
家族の分を手作りしてみようと思っていたのですが…。
せっかく解説書代わりに未完成品を送っていただきましたが、
私にはちょっと難しすぎるようです。
初心者はやはり手取り足取り教えていただかないと難しいのでしょうね。
つま先のほうから編み始めるのでしょうか?

以前、朝日新聞に「布でぞうりを作る」記事が
載っていました。興味はあったのですが、
そのときは切り抜くのを忘れていて、
頭の隅にずっと引っ掛かっていたんです。
それがたまたまインターネットで濱田さんと出会うきっかけになって、
良かったと思います。

ではちょっとぞうり作りに挑戦してみようと思います。
もしどうしてもわからなくなったら、
助けを求めますので、教えてください。
よろしくお願いします。
それでは、とりあえずお礼まで。
                  

 (01/6/4) 早速ぞうりをお送りいただきまして有難うございます。
見れば見るほどご苦労のあとがう伺われすっかり感心しています。
私には少々小さくて履いて回るわけにはいきませんが、思い出の
品やおみやげ物を飾ってあるサイドチェストの上に置かせて頂き ます。
これからもどうぞお元気で。

 (01/4/20) こんにちは、丸宏水産です。
ぞうりが届きました、有難う御座いました。
久し振りです、ぞうりを見るのは。袋を開いた時にぞうりを見て従業員さんが
「わ〜、珍しい」と一言(笑)。実際あまり見ることがありませんから・・
昔はぞうりを作っているところを何度か見たことはありますが覚えていませんね、
作り方は。懐かしくなってしまいました。

 (01/1/25)
昨日、ぞうりが午前中に届きました!ありがとうございますー!。
大きいのは私の分として、ちいさいのは子供たちにあげました。
そして、小さいのは壁に飾って、大きいのは壊さないよう恐る恐るですが、
実際に履いて感触を楽しんでいます。
お礼に私も何かつくれたらと、おもうのですが、なにぶん不器用なので
何もおもいつきません・・・(-_-;)。しばらく待っててくださいねっ。
それでは寒さにまけず、ぞうり作り頑張ってくださいね。
   

 (12/2) ぞうりありがとうございました!とってもうれしいです。お礼に、
私が刺繍した(アイヌ文様の刺繍)送りたいのですけど・お返事下さい。

 (00/8/19) 先日はお暑い中、わざわざぞうりをお届けくださり有難うございました。 とてもかわいいもので、早速飾らせていただきました。
 いろんな人の顔を思い浮かべながらせっせと編み上げてゆく姿が目に浮かびます。 私のメールを「ぞうりの広場」に載せていただき恐縮です。 いろいろ読ませていただくなか、お嬢さんからのメールを拝見して、 Hさんのような評価はしてもらえなくとも、お母さんはこういう人だった という軌跡を残せるような生き方が出来れば・・・と思います。 今は 何かとぶつかり合う事ばかりで、鬼としか思われていないですから。
Hさんは幸せ者ですね(また 失礼なこといっちゃいました)。
これからもその幸せの輪を、かわいいぞうりに乗せてどんどん広げていってくださいね。

 (00/8/8)  かわいいぞうりありがとうございました。 ちゃんと飾って大切にします。
 この頃はは手作りでものを作り出すことはなかなかありません ので、 作られたぞうりを見てすごいものだと感心します。
 ホームページの「ぞうりの広場」にぎやかになりましたね。 これからも末永く続くことをお祈りしております。

始めまして

 (00/11/10) 丸宏水産と申します、早速拝見させて頂きましたが写真が表示されていません。 写真のタイトルに日本語が使用されているためと思われます。 差し出がましく申し訳ありません。
漁師直営丸宏水産産直コーナー

 (01/4/17) お花見会楽しそうですね。
沖縄ではお花見なんて行事がないので、本土のお花見が懐かしいです。
 (00/11/2) ホームページ楽しく拝見しました。ぞうりはお土産やさんで見たことがあります。 健康にいいそうですね。

 (00/9/12)  加賀聖城高校の上野と申します。ホームページも拝見させて頂きました。 今や靴に取って代わられたわらじ・草履ですが、 それが持つ魅力と言うのは決して消える事はないのでしょうね。
  草履を夢中になって編む子供達の写真がとっても微笑ましかったです。

 (00/9/4) 姫路にても、お城をテーマに昔の産業振興を考えています。
また、姫路を通られる時は、お立ち寄りください。 草履のイベントもできるかもしれません。 コムサロン21

 (00/8/26) 忠工房です 日本の庶民文化の衰退を嘆く
仲間がいらっしゃることを知って勇気がわ いてきました 
力をあわせて頑張りましょう 今後ともよろしく  ではまた

 (00/8/10) ホームページを拝見しました、今年40歳の男性です。 素足ですごすことが大好きなんで、草履や下駄などに 前から関心がありました。 足のサイズは26cmほどなんですが、 合う草履がありましたら、いただけると嬉しいです。
ところで、草履って、お手入れの注意点とかあるんでしょうか。 もしあるなら、一緒にお教えいただけると有り難いです。 よろしくお願いいたします。

 (00/8/7) 出石一鶴蕎麦です。こころ和むひとときを頂きました。
藁に変わる材料で、とありましたが、藁があれば出来ますか?わらじ。
                     

 (00/8/4)  ホームページを見させていただきました。 私は現在31才ですので、わらぞうりについてのはっきりとした思い出は ないのですが、ホームページを見て最初に「欲しい!」と思いました。 そのときに、なぜ欲しいのかをきちんと伝えないといけないと思い、 いろいろと考えたのですが具体的な理由がはっきりしないのです。 単純に「欲しい!」と思いました。 よろしければ譲っていただきたいのですが、こんな理由でもかまわないのでしょうか? もし譲っていただけるようでしたら、お手数ですがもう一度お返事ください。 折り返し、送り先などをご連絡いたします。
 
お花見会での「ぞうり作りコーナー」素敵なことだと思います。 これからも子供たちのために続くことを、陰ながら応援しております。


友人・知人からのメール